Skip to main content

/ 5

/ 5

upcoming event

MEMBERS ONLY EVENT

This article is written by Nordic Innovation House Tokyo.

 

(日本語は英語の後に続きます)

 

New ideas and technologies are invented all around the globe. Especially in this era where we are facing issues such as climate crisis and the covid pandemic, innovative ideas and technologies are valued more than ever. But what if a piece of invention that you worked so hard on, turned out to be a technology already registered? What if it was actually an expired patent that is free for use? Linus Wretblad, founder and CEO of IPScreener, witnessed this repeatedly and thought it was “an error in the patent system” that he could provide a solution to. We sat down with him for a virtual coffee to discover more about his solution (on December 3, 2021).

 

 

“I started my career as a patent examiner at the Swedish Intellectual Property Office. There, I saw the reinvention of the same ideas and technologies happening over and over again. There were so many cases where people were not aware of the fact that their invention was already invented and there was a patent, or sometimes even an expired patent, and that the technology was already free of use. So with my colleague, we founded a company called Uppdragshuset. It is a research company that offers various patent research services and analyses and mapping trends in a specific technical field. But still, I wanted to make patents directly accessible and useful to those involved in developing new ideas and innovation to make their work more efficient. So in 2015, we launched the first prototype called AutoMatch, an AI-based patent search tool that became IPScreener’s predecessor. In 2017 released our market-ready solution and became a standalone legal entity. My mission with IPScreener is to make everyone able to explore and understand this gold mine hidden in patents, to avoid unnecessary reinventions.”

 

Competitors and IPScreener’s Uniqueness

“We recognize two good competitors in our area. One is from Finland and the other one from Japan. All three of us provide AI-based patent research solutions. However, IPScreener’s has a different approach by aiming also at non-patent professionals, especially R&D teams in small and large companies. This is why our service is not only a tool to search patents, but provides support for understanding the innovation landscape around an idea. Here a core feature is to make it easier for those not used to reading patents by indicating where to start reading and showing how it relates to the “input” idea. Other useful functions are collaboration on findings, sharing them and producing instant reports. We make sure the users not only find the information, but they understand it, and can follow-up and use it.”

 

“The main reason we first targeted large companies is that they are spending unnecessary resources on inventing what has already been invented. According to a study conducted with UCLA Anderson, the total cost of the whole process for a large company to develop a new invention and apply for a patent is on average USD 616,000. From that amount, only 12,000 dollars are spent during the review process at the IP department. Meaning, that by the time you evaluate whether the technology could be registered or not, you have already spent almost 99% of the cost. This is not very efficient as inventions do overlap with existing technologies. There should be an easy way to access and explore existing patents already in R&D for companies to avoid this, and this is where IPScreener can provide support. ”

 

Sustainability in Innovation

Linus believes IPScreener is also tackling SDG#9. “SDG#9 only talks about promoting technology and innovative ideas to realize sustainability. But from my point of view, no matter how the technology itself contributes to a sustainable future, we can not call it truly sustainable if the procedure of the innovation is causing waste in money, time, and effort by building solutions that already exist.”

 

Participating in TINC

In 2017 IPScreener participated in TINC, an accelerator program run by the Nordic Innovation House Silicon Valley. What were the most they got out of it?

 

In Scandinavia, the market expects that your product is fully ready at launch, while in the US, the market allows you to release your product at a very early stage of development. Adapting to this and “releasing” our product at a very early stage enabled us to learn and develop as we went on, involving clients and the market. That is what we appreciated the most, apart from a very inspiring stay in the Valley.”

 

What is your Focus in Japan at the moment? Any Challenges So Far?

“We just landed our first foot in Japan. We have two pilots running with large Japanese companies and are taking the time to examine aspects such as defining the market and ways of localization. We may need another pilot to understand more about our target customers. In all ways, Nordic Innovation House Tokyo and the Swedish Chamber of Commerce in Japan will be good connecting points for us.”

 

The cultural part will be the biggest challenge, including the way of communication and understanding the business flow. Even though Sweden and Japan do have common core values in respect of nature and mindfulness, it will be important to adapt to other cultural and societal aspects as well.”

 

Finally, we asked Linus for any messages towards Nordic startups considering market entry to Japan.

 

“Build your network first. Having local networks is important in any market, but it is extremely important in Japan. For us, we were grateful to meet a Japanese patent attorney in Silicon Valley while we were there for TINC, and the connection has been supporting us ever since. Also, trust is built through long-term relations. For example, we have been in conversation for several years now with the two companies running our pilot cases. Having a trustful network will guide your way through the market.”

 

Thank you very much, Linus, for sparing your time with us. We will be looking forward to working with you more in the future!

 

To learn more or try out IPScreener, visit their website: https://ipscreener.com/

 


新しいアイデアや技術は世界中で生み出されています。特に、気候危機やパンデミックなどの問題に直面している今、革新的なアイデアや技術はこれまで以上に大切です。しかし、あなたが一生懸命考えた発明が、すでに特許登録された技術であったとしたら?もしくは、既に期限切れの特許で、自由に使えるものだったとしたら?IPScreener(アイピースクリーン)社の創設者兼CEO、Linus Wretblad(ライナス・レトブラッド)氏は、このようなことを繰り返し目の当たりにしてきました。そしてこれは「特許システムのエラー」であり、解決策を提供することができると考え、起業。その解決策を探るため、この度Wretblad氏にオンラインで話を伺いました(2021年12月3日実施)。

 

「私は、スウェーデン知的財産庁で特許審査官としてキャリアをスタートしました。そこで、同じアイデアや技術の再発明が何度も繰り返されるのを目の当たりにしたのです。特許を申請する段階になるまで、自分の発明が既に発明されたものであり特許が存在する、または、期限切れの特許として存在し自由に使用できる技術になっていることに気づかないケースが非常に多かったのです。そこで、同僚と一緒にUppdragshusetという会社を設立しました。これは、さまざまな特許調査サービスや分析、特定の技術分野の動向のマッピングを行う調査会社です。しかし、それでも私は、新しいアイデアやイノベーションの開発に携わる人たちが、より効率的に仕事をするために、特許に直接アクセスでき、役に立つようにしたいと思いました。そこで2015年に、IPScreenerの前身となるAIベースの特許検索ツール「AutoMatch」という最初のプロトタイプを発表しました。2017年には商品化し、独立した法人となりました。IPScreenerでの私の使命は、”特許に隠された金鉱を誰もが探索し、理解できるようにし、不必要な再発明を回避すること”です」

 

 

競合他者と、IPScreenerの独自性

「2つの優れた競合他社を認識しています。1つはフィンランドの会社、もう1つは日本の会社です。3社とも、AIを使った特許調査ソリューションを提供しています。しかし、IPScreenerは、特許の専門家ではない人々、特に中小企業や大企業の研究開発チームも対象としている点で、異なるアプローチを持っています。そのため、私たちのサービスは、単に特許を検索するツールではなく、対象アイデアの周辺で起こっているイノベーション状況を理解するためのサポートを提供します。また、特許を読み慣れていない方でも、どこから読め始めればいいのかを示したり、対象アイディアとの関連性を示すことで、簡単に読めるようにする機能などを備えています。その他にも、調査結果の共有やレポート作成など、便利な機能が満載です。ユーザーが情報を見つけるだけでなく、理解し、フォローアップや活用ができるようにしています。」

 

「我々が特に大企業をターゲットにしている最大の理由は、大企業が既に発明されているものを発明するために不必要なリソースを費やしているからです。UCLA Andersonとの共同研究によると、大企業が新しい発明を開発し、特許を申請するまでの全プロセスにかかる費用は、平均して616,000米ドル。このうち、知財部での審査に費やされるのは、わずか1万2,000ドル。つまり、その技術が登録されるかどうかを評価する時点で、すでにコストの99%近くが費やされてしまっているのです。発明というのは既存の技術と重複することが多いため、これでは効率的とは言えません。このような事態を避けるために、企業が研究開発中から既存特許に簡単にアクセスし、調査する手段が必要と考え、IPScreenerを提供しているのです」

 

持続可能なイノベーションで、SDGsにも貢献

Wretblad氏は、IPScreenerのソリューションはSDGsの目標9にも貢献していると考えています。「SDGsの目標9は、持続可能性を実現するための技術や革新的なアイデアの推進についてしか語っていません。しかし私が思うに、技術そのものがいかに持続可能な未来に貢献するものであっても、その技術を発明するプロセスで、お金や時間、労力の無駄が発生しているようでは、真の意味で持続可能な技術とは言えません。IPScreenerは発明のプロセスをより持続可能にするソリューションでもあるのです」

 

スタートアップの技術開発の加速にも

「AIによる探索と読み込みで、スタートアップや中小企業のイノベーションも加速することができます。実に特許技術の9割が、有効期限が切れていて自由に使える状態です。スタートアップはゼロから何かを作るよりも、特許を検索して使える技術を知ることから始めればいいのです。ただ、スタートアップの問題点は、一度事業開発を始めてしまうと、ネガティブなニュース(素晴らしい独自アイデアだと思っていたものが、すでに存在していたこと)に目を背けてしまうことです。しかし、やみくもに走り出すのは決して良いことではありません。前もって情報を入手し、それに迅速に対処して行くことで、良い結果が生まれるものです」

 

TINCへの参加

2017年、IPScreenerはノルディックイノベーションハウス シリコンバレーが運営するアクセラレータープログラム、TINCに参加しました。そこで得たものは何だったのでしょうか。

 

「スカンジナビアでは、製品やサービスが完全に出来上がってから市場にリリースすることが期待されますが、アメリカでは、開発のごく初期段階で製品を市場にリリースすることができます。IPScreenerもそれに倣い、非常に早い段階で製品をリリースし、クライアントや市場を巻き込みながら、学び、開発することができました。このことが、シリコンバレーでの刺激的な生活や多くの出会いと並び、私たちがTINCに参加して得たことです」

 

現在日本で注力していること、直面しているハードル

「日本には上陸したばかりです。日本の大企業2社とパイロットを行い、顧客層の絞り込みやローカライズの方法などを時間をかけて検討しています。顧客層をより深く理解するために、パイロットをもう1社追加する必要があるかもしれません。いずれにしても、ノルディックイノベーションハウス東京と在日スウェーデン商工会議所は、私たちにとって良いパートナーとなるはずです」

 

最大のハードルは、コミュニケーションの取り方、ビジネスの流れの理解など、文化的なことだと感じています。スウェーデンと日本は、自然を大切にする思いやマインドフルネスを尊重するという共通のコアバリューを持ってはいますが、その他の文化的・社会的側面は違いも多く、適応することが重要だと感じてます」

 

最後に、日本市場への参入を考えている北欧のスタートアップに向けたメッセージを伺いました。

「ネットワークを構築すること。ローカルなネットワークを持つことは、どの市場でも重要ですが、日本では特に重要です。私たちの場合、TINCでシリコンバレーに滞在した際に出会った日本人弁理士が、今も私たちを支えてくれています。また、信頼は長期的な関係で築かれるものです。例えば、現在パイロットを行なっている2社とは、数年来のお付き合いです。信頼できるネットワークを持つことが、市場での道しるべになります」

 

Wretbladさん、インタビューのためにお時間をいただきありがとうございました!今後の日本市場での展開を楽しみにしています。

 

IPScreener社の活動やサービスの詳細については、ぜひ同社HP(https://ipscreener.com/)をご覧ください。